 +86-531-88916568

ZHIYUANについて

シクロデキストリン分野のグローバルリーダーになる
0
㎡工場エリア
0
年間生産量トン
0
シクロデキストリンの種類
山東濱州智源バイオテクノロジー株式会社

は、新しいシクロデキストリン材料の研究開発、製造、応用に焦点を当てた革新的なハイテク企業です。 2010年に設立され、面積30000m²、建設面積10000m²、GMPワークショップ2000m²、研究開発、試験および研究所2000m²、固定資産1億5000万元、試験機器の価値は2000万元を超えています。高度な研究開発、品質検査センター、専門研究チームを擁し、南開大学および山東大学との長期的な協力関係を維持し、多くの研究開発プラットフォームを持っています。

世界中のお客様
ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、インド、パキスタン、南米などで売れています。多くのお客様からの監査を受け、高い評価と賞賛をいただいております。
プロフェッショナルチーム
私たちは、高度な研究開発、品質検査センター、専門研究チームを擁し、南開大学および山東大学との長期的な協力関係を維持しています。
厳格な品質管理
GMPに厳密に従い、CP、USP、EPなどの品質コンプライアンス。会社はISO9001品質システム認証に合格しています。
私たちはあなたに最も親密なサービスを提供します
智源、あなたの信頼に値する。
ニュースとイベント
ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムは製薬業界でどのように使用されていますか?

ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムは、シクロデキストリンの誘導体であるβ-シクロデキストリンの部分構造がスルホブチルに置き換わった製品です。この記事では、シクロデキストリンの用途に基づいて、ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムの分野での用途を詳細に示します。

微信图片_20210408112631.png
もっと見る
ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムはどのように作られていますか?

この記事では、ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムの製造について紹介します。ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムの製造に必要な原料と、ベタデックススルホブチルエーテルナトリウムの製造における物理的および化学的操作について説明します。顧客が持っているように

メチルベータシクロデキストリンの機能的役割

現在市場に出回っているメチルベータシクロデキストリンのパッケージは非常にユーザーフレンドリーであり、ほとんどの企業は、通常段ボールドラムまたは亜鉛メッキ鉄ドラムのメチルベータシクロデキストリンの特性に基づいて決定します。メチルベータ-シクロデキストリンの機能を見てみましょう。これが

色素増感太陽電池材料へのシクロデキストリン包接複合体の応用

現在、最も一般的に使用されている色素光増感剤はルテニウムポリピリジン有機金属錯体ですが、その合成は複雑で、近赤外吸収生成物の合成が容易ではなく、価格も高くなります。有機染料は研究の重要な方向性になっています

迅速な見積もりを取得するには、お問い合わせください!

製品カテゴリ

クイックリンク

連絡先

 Tel:+ 86-531-88916568
 郵便物:enquiry@cydextrin.com
 住所:中国山東省浜州市博興経済開発区。

無料相談

お問い合わせ
©2020 山東濱州智源バイオテクノロジー株式会社 | サイトマップ